リフォームと建て替え

一生住み続ける家の場合

新築から20年を経過すると、住宅もあちらこちらに問題が生じます。 部分的に終了しているうちは良いのですが、その箇所があまりにも多い場合、修理費だけでかなりのお金がかかってしまいます。 そこで、住宅を思い切ってリフォームしてしまうか、建て替えをするという選択をした方が良い場合もあります。 これは、その場面によってあるいはその状況によってどちらを選ぶべきか変わってきます。 例えば、その住宅にこれから先何十年も住む場合はどうでしょうか。 この場合は、建て替えをして、すべての部分を新しくするべきです。リフォームの場合は、最低でも柱や梁だけが残ってしまうため、リフォーム後何十年も住み続けると、大きな地震が来た場合に崩れてしまう可能性もあるのです。

将来的に引っ越しをする場合はどうか

では、将来的に引っ越しをする場合や今住んでいる住宅を賃貸に出してしまう場合はどうでしょうか。 もし、将来的に引っ越しをする場合は、建て替えをするよりもリフォームをした方が良いでしょう。建て替えをした場合は、リフォームに比べると費用も高いため、建て替えをしてから数年で手放してしまうとその費用がもったいないからです。 これに対して、第三者に住宅を貸す場合はどうでしょうか。この場合もリフォームを選択したほうが賢明かもしれません。 その理由は、入居する人にとっては、築年数は大して問題ではなく、そこに誰かが住んでいたかどうかが重要なのです。建て替えをするにしても、リフォームをするにしても、どちらも全く人が住んでいなかった状態と同じになるのです。 よって、新しく建て替えをするよりも、費用があまりかからないリフォームをした方が良いわけです。

Design by Megapx . Template by s-hoshino.com